東北復興支援事業

ONE ASIA 2015



ONEASIA2015
実行委員会規約

(設置目的)
第1条 本会を「ONEASIA2015実行委員会」(以下「実行委員会」という)とし、東北復興支援の輪を広げ、震災を風化させず草の根交流の活性化の場所としてアジアの飲食店を中心とし第2条に掲げる事業を行う。

(事業活動) 
第2条 実行委員会は、第1条の目的を達成するために、以下に掲げる事業を行う。
(1)「ONEASIA2015実行委員会」の開催および関連イベントの開催。
(2)その他、復興支援とアジア文化交流に関わる一切の事業。

(組織等)
第3条 実行委員会に次の役員を置く
(1) 実行委員長 1名
(2) 事務局長 1名
(3) 副事務局長 2名以下 

第4条 事務局長は委員長が任命するものとする。

第5条 委員長は、実行委員会の会務を統括し、委員会を代表する。

第6条 事務局長は、委員長の指示に基づき、事務局の業務及びその運営を統括する。

第7条 委員の任期は、一年とする。ただし、再任を妨げない。

第8条 委員はやむを得ない事由があるときは、いつでも辞任することができる。

第9条 委員は、次の各号のいずれかに該当するときは、実行委員会の議決により解任することができる。
(1)心身の故障等のため、職務の執行に耐えないとき。
(2)職務上の義務違反その他、委員たるに相応しくない行為があると認められるとき。
2.委員解任の議決は、実行委員会委員の現在数の過半数をもってこれを行う。

第10条 委員は原則として無報酬とする。

(顧問の委嘱)
第11条 実行委員会委員長は、本委員会の事業に助言する顧問を置くことができる。

(委員会の運営)
第12条 実行委員会は、第2条に定める業務に関する重要な事項に加え、以下の事項を議決する。
(1)本規約の承認及び変更
(2)その他委員会の運営に関する重要事項

第13条 実行委員会は、委員長が召集する。
2.実行委員会は、委員の現在数の2分の1以上の者が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
3.実行委員会の議事は、第8条第2項及び第14条第2項にかかる議決を除き出席した役員の過半数で決する。ただし、可否同数の場合は委員長が決定する。
4.やむを得ない事由のため、委員会に出席できない委員は、代理人を出席せしめることができ、その場合第2項に定めるところの委員の出席とみなすことができる。委員会に出席できない委員が代理人を出席せしめない場合には、予め通知された事項について書面をもって表決し、又は他の委員を代理人として表決を委任することができ、予めその旨委員長に届け出ることができる。
5.委員長が認める場合には、委員会の議決は、実行委員会を召集することなく、書面にて行うことができる。

(事務局の設置)
第14条 実行委員会に係る事務は、株式会社アイエス 内に設置する実行委員会事務局に委嘱する。

(規約の変更)
第15条 本規約は、実行委員会の議決を経なければ変更できない。
2.規約変更の議決は、実行委員現在数の過半数をもってこれを行う。

(銀行口座及び会計管理)
第16条 実行委員会の運営に係わる経費については、実行委員会名義の銀行口座を開設し、同口座において管理する。
事務局長が会計責任者を兼務し、銀行口座の会計管理は同会計責任者により行う。

(募金活動)
第17条 事業実施に係わる募金活動は、実行委員会事務局が別途設置する資金管理事務局が行う。

付  則
 この規約は、実行委員会発足の日(6月1日)から施行する。